11/3/18 (Fri) 18:49

ETさんに怒られました。世の中、大変な状況ということは重々承知で僕も何かの力になれないかと125円を寄付しました。

そのことで怒られたのではなく増えた家族、犬のとんぶりのことで頭がいっぱいいっぱいでその話しかETさんにしなかったからです。

どんな色のゲージがいいかな?どんな風に育てればいいかな?以前飼っていたキャビは大きくなってから家に来たので、仔犬は生まれて初めて飼うのでどうしていいか分からないんです。

仔犬はあまりかまっちゃいけないらしいのです。とんぶりは別の部屋にいるのですが、部屋を覗くことも自粛しています。

「覗けないからWEBカメラを付けようかと思うんだけど?」ということをETさんに話したら怒られました。

あまりにも怒られたので自分に自信がなくなりました。というオチを思いついたのですがまた怒られます。

津波があった地区で犬が杭に繋がれていた映像がありました。よく繋がれていたのに生きていたなと。「とんぶりをゲージから出したほうがいいかな?」とETさんに言ったら怒られました。代わりに当分の間は僕が静かにゲージに入っていようと思います。

11/3/10 (Thu) 19:25

僕が朝起きて一番最初にすることは、去年の6月に亡くなった犬のキャビに供えている水を変えることです。新しい犬を飼っても変わりません。

新たに犬を買おうと思ったのはいつのことでしょうか。実家ではキャビアという人のような犬を飼っていました。そのキャビアが去年亡くなり寂しかったのですが、日に日にまた買おうかなと思うようになりました。

ETさんの趣味はペットショップを回ることで、ホームセンターに行くとまずは犬などのペットコーナーに行きます。主婦失格です。

ETさんの子供の頃からの夢は犬を飼うことでした。犬種はバーニーズマウンテンがいいかな?コリーがいいかな?柴がいいかな?

犬種は特定していませんでした。ペットショップで何頭か抱いてみましたが、可愛いいんですが買うというまで踏みきれませんでした。

今年に入り実家が引っ越しました。キャビの抜け殻は僕の家にありますが、キャビの臭いは実家にありました。その実家がなくなりました。

そしてなんとなくですが、また飼おうという気持ちが強くなりました。

ネットで検索するとブリーダーからの犬の通販もあります。その仔犬のお父さんの写真もありました。実際見に行くことも可能らしいのです。

ほとんどが家から遠いので近くでブリーダーがないかなと思ったら、近くに柴犬専門の犬舎がありました。

そこ全国的に有名な柴犬専門店。

小さなお店の前にはサークルゲージに柴犬が僕達に吠えることもなく日向ぼっこしています。

お店に入ると奥から店主が出てきました。「なんでしょうか?」「仔犬が見たくて。」

「今お譲りできるのが一頭います。この犬はペットにもいいのですがショーにも向いています。」

こちらに選ぶ権利はありません。その一頭が嫌であれば買わなければいいことです。でも見た瞬間、今まで見てきた犬っころと目と筋肉が違うと思いました。

しかし自分たちには宝の持ち腐れかも知れないなとも思いました。

「店の前にいる犬はこの仔のお父さんです。」仔犬のお父さんもいました。お父さんの脚を触らせてもらいました。ものすごく強そうです。室伏みたいな体をしています。毎日プロテインを飲んでいる筋トレマニアの僕にはたまりません。

3つ隣のゲージにはおばあちゃんがいました。

なんかもう家族総動員で僕達の魂を揺さぶりにきています。店に入ったら最後。まるで勧誘のようです。

ETさんと相談しその日に持って帰ることにしました。仔犬をゲージから出して店を出るときに、その仔犬のおばあちゃんが目を細めて「可愛がってもらうんだよ。」というようななんとも言えない顔をしていました。

「お金はあるのかい?ワタル。」そう言って実家に帰る度に1000円を渡してくれた僕のおばあちゃんを思い出しました。

店の前ではこやつのお父さんの鼻息が荒くなっていました。連れていかれるというのが分かるんでしょうか?

それを見てこの仔犬を立派な柴に育てまたここに来ないとなと思い犬舎を後にしました。

仔犬の見た目は草刈正雄みたいですが名前はとんぶりにしました。飼い主に似る言いますが、犬に似る飼い主というのもあるのでしょうか。今から草刈正雄になる練習をしておこうかと思います。

11/3/6 (Sun) 0:13

昨日、家族が増えました。1月4日生まれです。7月4日ならトム・クルーズです。朝子さんのお子さんではありませんが、息子のような犬です。両親チャンピョ〜ン犬の息子です。かなりのイエメンです。また内戦とかしちゃいますか。とにかく僕はチョー・ヨンピル似です。いいんでしょうか。こんないい血筋が家に来て。ええ親ばかですともう。なれるまで10日ほどかまっちゃいけないのです。でないといい子に育たないようです。だから部屋も別です。覗けません。鶴の恩返しのようです。三つ子の魂百までです。先輩のキャビアさんの抜け殻も我が家にいます。先輩は偉大なので名前は「とんぶり」にしました。今日からお前はとんぶりだ。畑のキャビアだ。犬でもこういう状態なんで自分の子供が生まれたら僕はたぶん育児ノイローゼになります。既にETさんと喧嘩です。ETさんのくしゃみが大きかったので「静かにしろ!!!」と。ETさんはデリカシーがなくて困りますよ。最後に言わせて頂きますが、キャビありがとう。とんぶりに続くよ。

ツイッターのような更新でした。いや僕にはツイッターは無理だ。あふれる思いがあるから。

Program Akiary v.0.51