バニラコーク感想文。
2002/8/15 バニラコーク感想文。




これは、ニセモノではない。昔、ビックリマンンチョコが流行った頃。


「おい!スーパーゼウス持ってるのかよ!すげ〜!交換してくれよ!!」


と、交換して喜んで家に帰り裏を見たら、


「ロッテじゃないよ!!ロッチじゃんかよ〜!!」



そのようなバッタモンとは訳が違う。友達との無駄な駆け引きも必要無い。カフェイン二倍のジョルトコーラとも違う。コカコーラ社が開発、発売した正真正銘の新テーストのコーラである。



コカコーラ社が発売したコーラでは、10年ほど前のチェリーコークが有名だが。それに続く新製品である。今の所、アメリカ国内だけでの販売ではあるが、日本でもソニープラザなどの輸入品を扱っているお店で入手できる。



缶を開けると、バニラの匂いがする。このバニラの匂いは、お菓子を料理する時に使うバニラエッセンスを思い浮かべて頂ければ宜しいかと思う。



色の方だがご覧の通り。





普通のコーラよりも黒い?と思うのは気のせいだろ。きっと気のせいだろう。さて肝心の味だが、バニラの味がすると言えばするのか?と言った程度だ。まあ簡単に言えば、コーラにバニラエッセンスを入れちゃいましたゴメンナサイ。


という感じだ。ただアメリカ料理にあるような、いろいろごちゃ混ぜた、人種ミキサー料理とはいい意味で違う。複雑な味がしない。ちょとコーラに飽きたな〜と思った時に飲むと、スカッとさわやかコカコーラ気分になれると思う。


要するにそんなに好きかコーラが?


という感じのコーラである。これはダイエットコーラにも言える。ダイエットしていてもコーラは飲みたい。コーラに飽きたけどコーラを飲みたい。コーラ茶漬けをしてみたい。そういう方にお奨めだと思う。


そこがお洒落なんだと。高倉健さんも見えない所。ベルトなどのお洒落をするという。普通のコーラを飲んで骨が溶けるのと、バニラコークを飲んで溶けるの。どっちがお洒落なのか?


お洒落が分かる人ならば、私がイチイチ論ずるまでもない。



ちなみにこんなコーラもある。インカコーラというもの。味はインカ帝国時代の王様が好んで飲んでいたというだけあって、気のせいかこれぞバッタモンコーラという味がする。







缶の側面に日本語で説明書きが、

黄金の国、「インカ帝国」にちなんで作られた黄色いコーラ。私達の常識を超えた「ゴールデンコーラ」は、アメリカでも大人気です。


このコーラは色が黄色いのである。現在の日本ではほとんどの食料品には使われていない、着色料が入っている。これぞインカ帝国の力であると思う。



ただアメリカで販売しているのにも関わらず、綴りがKOLAで”K”になっているのは、気にしないでもらいたい。すごく気になるけど。いや、こちらの方が正しい綴りなのかも知れない。


飲んで異常が無い所を見ると飲料品としては、大丈夫だと思われます。皆さんも安心してインカコーラを飲んでください。死ぬほど不味い。

TOPBACK