kimiite.

ただの犬
咲かない桜

2021.4.12 Mon.

祖母のお葬式でした。祖母には異常なほど可愛がってもらいました。それを時にはうっとうしく感じていました。
祖母が少々ボケてからは、息子のカンイチロウを見て僕の名前「わたる」と呼んでいました。僕はただの付添のお兄さんでした。こんなこと言ってはなんですが、祖母が死んでも僕は悲しくありません。
祖母が亡くなる一週間前、僕が育った町に家族で初めて行きました。
実家が10年ほど前に破産して無くなってからというもの、その場所には用がなくなり行かなくなりました。
信州産まれの祖母は大学進学のため東京に出てきて19歳で学生結婚して出産。この場所に25歳頃にやってきて、60年この場所に住んでいました。
僕も40年前に遊んだ公園で2人の息子をゴーカートに乗せて、20年前に死んでしまった手乗り文鳥を埋めた桜の木を眺め、当時、飼っていた犬のキャビの毛を入れた柵のポールを探したりしました。キャビの毛を入れたポールには全て蓋がされており、永久保存されたということでしょうか。
鹿沼公園
この場所に行った6日後に祖母は亡くなりました。
火葬する前、お別れの時、一番遠い親戚であろう妻のETさんが号泣していました。なぜお前が泣くんだ。泣けばいいと思っているのは相変わらずです。
最後にみんなで写真を取りました。ETさんが撮影をしてくれました。全員集まるのは30年ぶりぐらいかも知れません。30年前は毎日、一緒に晩ごはんを食べていました。やかましい食卓でした。
horiuchi-makie
ETさんは20年前、ここにある僕の日記を読んで、こんな家族になれたらいいなと思っていたそうです。ズレてますね。馬鹿ですね。ゲスいですね。【ちょっとアサちゃんハマチ】 【ちょっとあさちゃん】
僕の代で家族ごっこはおしまいにしようと思っていたのに、屁のような日記で家族ができる。なにか行動を起こす度、屁ですら気をつけなければなりません。おそろしい屁です。
ということで、血の繋がりは終わりではなくまだまだ続くようで。あー先は長いなあ。

2021.4.7 Wed.

本日、祖母ことおばあちゃんが亡くなりました。96歳でした。この日記にも度々登場していました。
この場所で日記を書き始めた20年前、一緒に桜木町のウインズに馬券を買いに行ったこともありました。
マークシートをずれて塗るため、発売機で何度も修正しました。真ん中辺りを塗っていて「おばあちゃんこれどっち?」
「どっちだったかな?」「じゃあ全部、岡部か的場にしておくよ?」
予想紙は、今は無きダービーニュースを使っていました。僕はエイトを使っていました。いつもおばあちゃんが競馬新聞を駅にあるキヨスクまで買いに行っていました。
キヨスクが競馬新聞を一番早く購入できるからです。たしか金曜日の12時には買えたと思います。キヨスクは構内なので駅員さんにお金を渡して、新聞を買ってきてもらっていたようです。
たまに間違えてエイトではなく、柏木集保の日刊競馬を買ってくるのはご愛嬌でした。おばあちゃん会心の予想は2004年中山金杯だったと思います。1000円持っていたかと。
2004年中山金杯
的中した2分後にはうな重を死ぬほど注文して、こんなにうな重頼んでどうするんだ!と父と喧嘩になっていました。
俺は食わない!と言っていた父もしっかり食べていました。
息子と二人で、荼毘に付す前に会いに行ってきました。生前、曾孫のかんいちろうに何度か会わせることができました。
祖母と息子
祖父と同じ日に亡くなりました。【link
2009/12/30 続、我が家の日本シリーズ。
このあと、しばらくして祖母は老人ホームに入りました。

2021.3.30 Tue.

若気の至り

今月44歳になりました。この日記サイトを始めて20数年。精神的になにも変わっていないのは恐ろしいことです。精神は若い頃のままです。このままレッツゴー還暦です。
最近、ウマ娘というゲームが流行していますが、僕はスイッチのダービースタリオンという競走馬を育成するゲームを購入してちまちまプレイしています。25年ぐらい前もダービースタリオンをやっていた気がするので、僕の人生はデジャブの連続です。
そして何度も同じことを書き、そしてどこで誰が見ているか分からないので適当なことばかり書いているのです。そうしないことには、どこでトラブルに巻き込まれるか分からない世の中です。
そういえばですね。1年ほど前に妻の職場に面白い方が入社してきました。
まあ詳細など書くといろんな所がモゲてしまうので書けませんが、経歴詐称ってあるんですね。
しかも僕がその方が書いたであろうブログを見てしまい、妻に「この人、会社の人では?」と言って、会社がちょっとした揉め事のようになっているので責任を感じています。ほんと、たまたま見つけてしまったのでネットの恐ろしさを痛感しています。
鼻をほじりながら、ここに書くことに問題はないと思うのですが、日々の記として僕だけ分かるいつものいかれた文体で残しておきます。読解力の定義は様々なので。。。
コンプライアンスが問われる時代、精神肥大によってしか癒やされないコンプレックスをいかに扱うのか難しい問題です。
自分語りの日記中心ですが、僕は人の話をよく聞く方なので、こんな人がいたよ。妻のなにげない話もそうですが、知人や他人からの20年ぐらいの前のどうでもいい話でも結構詳細に覚えています。唯一無二の才能です。もう誰からも褒めてもらえないフォーティフォーティーです。
今回は、ネットでブログを見てしまう半年ほど前に、僕が余計な一言、「その人ちょっとおかしいよ。」と言ってしまったことで自らの記憶に強く刻まれてしまい、サンダーファイヤーパワーボムを使うまでもなく、電流爆破デスマッチで3カウントしてしまっているので、野次馬根性で見守りたいと思っています。
今回のことは妻には悪いですが、人生の暇つぶしとして、ちょっとおもしろいので本当はここに書ければいいのですが、僕が書けないことがあるなんて時代の流れというか成長したというか、守るべき者ができたというか、まあ44歳になったんだな〜と競走馬の血統を見ながら思っています。
目指せ凱旋門賞!

2021.2.22 Mon.

天空のロカ
次男が初めて外を歩きました。1歳2ヶ月の次男が10キロを肥えました。
9歳になったばかりの長男は40キロです。身体の大きさは規格外。
学校で「お〜い!ゴリラ!!!」と呼ばれて、凹んで帰宅してきました。
ゴリラって凄いよ。力が強いし格好がいいよ!ブタより全然いいよ!一時話題になったイケメンゴリラの画像などを見せました。
ほら格好がいいだろ!
そう言ったらちょっと気分が良くなったらしく、そうかゴリラは格好がいいのかと単純な所もゴリラな息子は、楽しそうに日々を過ごしています。
そろそろ30m競争でハンデ10mだと負けてしまいそうです。父ちゃんとしてはまだまだ負けられませんが、身体能力もゴリラ並のようで油断できません。

2021.2.18 Thu.

久しぶりにイジったらhtmlや画像を置いた場所やらもう忘れている。犬もずれているのが直せない。懐かしのフレームサイト風にしてみました。
サイト運営20年、初めてのフレームサイト風です。ふうです。フレームどうやって作るのか分かりません。20年前はたくさんあったフレームサイト。今はもう見かけません。
フレームサイトでクリックしたらいきなり全画面になったり。いきなりポップアップ出て音楽がなったり。このサイトは迷路かい?またはゲームブック?懐かしいですな〜。
僕と出会う前のETおばさんもフレームサイトを作っていたらしいのですが、フレームで管理するほどコンテンツがあったんでしょうか。しょうもないポエムとか写真でしょうか。あれ恥ずかしいですね。今ではゆすりのネタでしかありません。
ネットに置いたものは残ると思ったほうがいいですね。ご利用は計画的に。

ゴリラと呼ばれた息子

かみんぐすーん
長男が9歳になりました。

2021.1.12 Tue.

長男は人徳なのか良く人から物をもらいます。今年は既に老夫婦から、くら寿司でガチャを貰っていました。
僕が小学生の頃、学校に行く途中に鰻屋がありました。
登校中に、鰻屋さんの前を通ると、30歳ぐらいのおじさんが「おはよう!!」と挨拶をしてきました。
その頃は、素直だったので「おはようございます。」
下校中、鰻屋さんの前を通ると、30歳ぐらいのおじさんが「おかえり!!!」と挨拶をしてきました。
僕もその日はいつになく大きな声で「こんにちは!!!」と返事をしたら、「坊主!!焼き鳥あげるよ!!好きなもの持っていきな!」
店先にある焼き鳥を指差しました。鰻屋さんですが、焼き鳥もおいてあります。
当時は断るということもできなかったので、僕は一番安い一本30円の「ハツ」を貰って食べました。僕はデブだったのでハツよりも甘いタレのカワが好きでした。でもカワは一番高くって一本50円します。
小さな遠慮をしました。
それからです。坊主!焼き鳥食べな!毎日ハツを食べながら帰宅するようになりました。
毎日もらうのは気が引けるのでたまに遠回りをして帰ったこともあります。そうすると、「なんだ!昨日は風邪でも引いたのか!元気出せ!3本食べな!」
普通は2本だろうになんで3本なのかと思ったんですが、おじさんの勢いにおされ3本取る羽目になりました。
ハツを3本取るのは気が引けるので、ハツ2本と、好きではないレバーを取りました。
僕が引っ越すまで、焼き鳥を下校する度にもらいました。小学校3年生から6年生までなので、計算すると約3万円ほどの焼き鳥を貰ったことになります。
卒業式あった日の下校途中に、鰻屋さんの前を通ると、「お!今日ははえぇ〜な。卒業式か!おめでとう!ほら焼き鳥持っていきな。」
「あ、どうも。」
いつものようにハツを取ろうとすると、おじさんが「ハツはまだ仕込んでいないんだよな。だから袋にはいっているこれ持って、家で食べな。」
僕は、卒業証書と焼き鳥を持って家に帰りました。袋の中には甘いタレの皮が5本入っていました。
その鰻屋さんのお兄さんと、夜にラーメン屋さんで会ったことがあります。僕は父と一緒でした。
うなぎ店にいる威勢の良いお兄さんではなく、「あ、どうも。」というような、静かな他人行儀な挨拶でした。35年ほど前の話です。
15年ほど前に、妻と僕が育った場所に行き散歩をしました。
「おつまみに焼き鳥を買って帰ろう。」
あの時のボクです。あわよくばオマケをしてもらおうと思ったのですが、街並みは変わり、そこには鰻屋さんはもうありませんでした。
Akiary v.0.61