kimiite.

ただの犬
咲かない桜

2021.5.8 Sat.

身内が亡くなると死を身近に感じるようになります。
僕は資産らしい資産はそれほどないのです。それほどとは、などと、すみません見栄をはりました。わたしがそう本物の見栄晴です。
資産というとおこがましいのですが、このサイトが僕の資産でしょうか?
ここがあったから、二人の息子もいます。これは嘘偽りのない事実でありますよ。
しかしこのサイトを残してやるぞ!という志しを砕くように、このサイトが置いてあるロリポップから値上げしますというメールがきました。
一月150円ほどの値上げですが、馬券が1点買えるほどの値上げです。その1点が1000万円になるかも知れません。夢も買えないほどの厳しい値上げです。
僕の資産を置くのにお金を払う。固定資産税のようです。
しかしここは大切な場所。僕が死んだ後も、5年ぐらい残しておこうと思うんです。僕はお墓を持たない予定なんで、この場所に来て故人を偲ぶ。気軽にお参りできます。君たちがいて僕のお墓。
ということで以下は息子あてに書きます。

子どもたちへ

父ちゃんです。この場所の維持費の引き落としが父ちゃんのクレジットカードになっています。父ちゃんが死ぬと引き落とせない可能性があります。
だから2022年から、かんいちろうの口座から引き落すことにしました。今、5万円ぐらい口座にあると思いますが、それは遺産ではありません。ドントタッチミーです。ミーじゃなくて、ドントタッチバンクです。
そのお金!サーバーのレンタルスペースの維持費です。勝手に下ろすと化けてでます。
この注意喚起は、インフォメーションページに移動しておこうと思います。
WINS5という途方もない配当金が出る可能性がある馬券を的中し、数千万円当たったら居酒屋をやりたいなと妻と話していました。焼き鳥屋とかいいですね。おじさんが焼きまくります。
しかしETこと化け物の妻は、僕とは頑なにそのような類のお店はやりたくないそうです。
死が身近に感じる年齢になってきました。特に突然亡くなると、お葬式屋をどうしたらいいのか?などの段取りにあたふたしてしまいます。
備えあれば憂いなし。そうならないように、色々調べていました。犬を飼っているので、ペットの火葬なども調べました。
家まで火葬車がきて、その場で焼いてくれるそうです。そんなのがあるんだよ!と妻に話したら、嫌だよそんなの調べないでよ!と言われました。
じゃあ焼くのがやならなにかないかなと調べると、亡くなったペットを剥製にします。というのを見つけました。
しかし、それも妻は嫌だとぬかしました。ではどうしたら皆、幸せになれるのか?お父さん考えました。
僕、ちょっと頭の毛が薄くなってきたんです。男も40を過ぎると、過ぎたる頭皮は及ばざる如し。柴犬はですね。結構毛だらけ猫ハイだらけで年に二回ほど天文学的本数の毛が抜けて生え変わるんです。
その毛を取っときまして、僕の頭皮に移植するという火葬ならぬ毛葬プランはいかがでしょうか?僕の毛を見れば故人ならぬ故犬、こけん?のお墓参りもできる。ビッグビジネスの予感です。
いかかでしょうか?ペットの毛を使ってウィッグとか作る人とかいそうですね〜。
などという、くだらないことを考えていたらゴールデンウィークも終わりました。
結構こまけぇ〜所をリニューアルしています。ちょこまかとやっておりますです。

2021.4.25 Sun.

松本民芸家具

松本民芸家具
家は狭いのであまり家具は置けない。妻の嫁入り道具のチェストと、松本民芸家具の小さなタンスしか家具はない。
信州出身の祖母が50年以上前に手に入れた松本民芸家具のタンス。先日亡くなった祖母の部屋にあった。
この家具、処分するのも寂しそうだったので、我が家に引っ越してきた。
僕の幼少期はこのタンスに寄りかかったりよじ登ったりして、過した記憶がある。
祖母の白髪を抜くと1本10円が貰えたお手伝い。この黒いタンスの上に抜いた白髪を置いて本数を数えた。白髪が数えやすいタンスだった。
毎日100本ぐらい抜いていたら祖母は禿げてしまった。おばあちゃんの白髪は抜くなよ!親戚一同に言われたこともあった。でもおばあちゃんがヌケヌケ言うのでしょうがなく抜いていた。
その対価で貰ったお金でリッチな小学生時代を過ごす事ができた。大人買いは小学3年生で済ませたマセた子供だった。友達にご馳走してあげるというと面白いように友達がついてきた。世の中すべて金だと8歳にして知った。なお今、金も友もない。
棺桶の中の祖母の髪の毛は、僕が小学生の時よりもいきいきしていた。今は小学生の時分よりも小遣いが少ないので、死人の白髪を抜いて小遣いを稼ごうと思ってしまった。しかし支払いビトは死んでいるのでもらえない。
このタンス今は妻と子供が使っている。僕も白髪が多くなってきたので息子に、一本0.5円程度で抜いてもらおう。なお、抜く前から毛は少ない。だから息子はあまり稼げない。核家族の弊害だ。

2021.4.18 Sun.

息子と散歩をしていたら、
学校でへまらがいいって勉強した。
はまら?
違うよ!へまらだよ!顔につけるといいんだって。アサコいいかもね。シミが消えるよ!アサコ絶対に好きだよ!
なんだ?そのへまらって言うのは父ちゃん初めて聞いたぞ。
そうへまら。
アサコが好きなのか?ならハマチじゃないか?でもハマチを顔につけるととんでもないことになると思うぞ?魚だぞ!?
先生が顔に、ハマチ塗るといいって言ってたよ!
おい!今、ハマチって言ったぞ!父ちゃんハマチだろって適当に言ったんだぞ!つられたろ?ハマチは塗らないと思うぞ?最初、はまら?って言ってなかった?
違う!へ・ま・ら!
本当は何を言っているのか?クイズが始まった。顔につける。キレイになる。聞き出すと理科で習ったらしい。もうすぐ家に着くという所でひらめいた。
もしかしてそれ、ヘチマじゃないのか?
あ!そう。ヘチマ。ヘチマでアサコのシミが消えるよ!アサコ喜ぶよ。
なら帰ってからアサコに、オススメしないとな。ハマチじゃないからな!へちまだぞ。お魚を顔に塗ると大変なことになるぞ!だけどハマチでも猫がペロペロ舐めてキレイになるかもな?
アサコ、キレイになるかな?
無理だろ。
そんな会話をしながら家についた。息子はただいまも言わずに、
「アサコにいいの見つけた!ハマチ塗るとね。シミが消えるんだよ!アサコ!シミ多いでしょ!キレイになるよ!」
へい!オマチ!ここは寿司屋ですか?

2021.4.12 Mon.

祖母のお葬式でした。祖母には異常なほど可愛がってもらいました。それを時にはうっとうしく感じていました。
祖母が少々ボケてからは、息子のカンイチロウを見て僕の名前「わたる」と呼んでいました。僕はただの付添のお兄さんでした。こんなこと言ってはなんですが、祖母が死んでも僕は悲しくありません。
祖母が亡くなる一週間前、僕が育った町に家族で初めて行きました。
実家が10年ほど前に破産して無くなってからというもの、その場所には用がなくなり行かなくなりました。
信州産まれの祖母は大学進学のため東京に出てきて19歳で学生結婚して出産。この場所に25歳頃にやってきて、60年この場所に住んでいました。
僕も40年前に遊んだ公園で2人の息子をゴーカートに乗せて、20年前に死んでしまった手乗り文鳥を埋めた桜の木を眺め、当時、飼っていた犬のキャビの毛を入れた柵のポールを探したりしました。キャビの毛を入れたポールには全て蓋がされており、永久保存されたということでしょうか。
鹿沼公園
この場所に行った6日後に祖母は亡くなりました。
火葬する前、お別れの時、一番遠い親戚であろう妻のETさんが号泣していました。なぜお前が泣くんだ。泣けばいいと思っているのは相変わらずです。
最後にみんなで写真を取りました。ETさんが撮影をしてくれました。全員集まるのは30年ぶりぐらいかも知れません。30年前は毎日、一緒に晩ごはんを食べていました。やかましい食卓でした。
horiuchi-makie
ETさんは20年前、ここにある僕の日記を読んで、こんな家族になれたらいいなと思っていたそうです。ズレてますね。馬鹿ですね。ゲスいですね。【ちょっとアサちゃんハマチ】 【ちょっとあさちゃん】
僕の代で家族ごっこはおしまいにしようと思っていたのに、屁のような日記で家族ができる。なにか行動を起こす度、屁ですら気をつけなければなりません。おそろしい屁です。
ということで、血の繋がりは終わりではなくまだまだ続くようで。あー先は長いなあ。

2021.4.7 Wed.

本日、祖母ことおばあちゃんが亡くなりました。96歳でした。この日記にも度々登場していました。
この場所で日記を書き始めた20年前、一緒に桜木町のウインズに馬券を買いに行ったこともありました。
マークシートをずれて塗るため、発売機で何度も修正しました。真ん中辺りを塗っていて「おばあちゃんこれどっち?」
「どっちだったかな?」「じゃあ全部、岡部か的場にしておくよ?」
予想紙は、今は無きダービーニュースを使っていました。僕はエイトを使っていました。いつもおばあちゃんが競馬新聞を駅にあるキヨスクまで買いに行っていました。
キヨスクが競馬新聞を一番早く購入できるからです。たしか金曜日の12時には買えたと思います。キヨスクは構内なので駅員さんにお金を渡して、新聞を買ってきてもらっていたようです。
たまに間違えてエイトではなく、柏木集保の日刊競馬を買ってくるのはご愛嬌でした。おばあちゃん会心の予想は2004年中山金杯だったと思います。1000円持っていたかと。
2004年中山金杯
的中した2分後にはうな重を死ぬほど注文して、こんなにうな重頼んでどうするんだ!と父と喧嘩になっていました。
俺は食わない!と言っていた父もしっかり食べていました。
息子と二人で、荼毘に付す前に会いに行ってきました。生前、曾孫のかんいちろうに何度か会わせることができました。
祖母と息子
祖父と同じ日に亡くなりました。【link
2009/12/30 続、我が家の日本シリーズ。
このあと、しばらくして祖母は老人ホームに入りました。

2021.3.30 Tue.

若気の至り

今月44歳になりました。この日記サイトを始めて20数年。精神的になにも変わっていないのは恐ろしいことです。精神は若い頃のままです。このままレッツゴー還暦です。
最近、ウマ娘というゲームが流行していますが、僕はスイッチのダービースタリオンという競走馬を育成するゲームを購入してちまちまプレイしています。25年ぐらい前もダービースタリオンをやっていた気がするので、僕の人生はデジャブの連続です。
そして何度も同じことを書き、そしてどこで誰が見ているか分からないので適当なことばかり書いているのです。そうしないことには、どこでトラブルに巻き込まれるか分からない世の中です。
そういえばですね。1年ほど前に妻の職場に面白い方が入社してきました。
まあ詳細など書くといろんな所がモゲてしまうので書けませんが、経歴詐称ってあるんですね。
しかも僕がその方が書いたであろうブログを見てしまい、妻に「この人、会社の人では?」と言って、会社がちょっとした揉め事のようになっているので責任を感じています。ほんと、たまたま見つけてしまったのでネットの恐ろしさを痛感しています。
鼻をほじりながら、ここに書くことに問題はないと思うのですが、日々の記として僕だけ分かるいつものいかれた文体で残しておきます。読解力の定義は様々なので。。。
コンプライアンスが問われる時代、精神肥大によってしか癒やされないコンプレックスをいかに扱うのか難しい問題です。
自分語りの日記中心ですが、僕は人の話をよく聞く方なので、こんな人がいたよ。妻のなにげない話もそうですが、知人や他人からの20年ぐらいの前のどうでもいい話でも結構詳細に覚えています。唯一無二の才能です。もう誰からも褒めてもらえないフォーティフォーティーです。
今回は、ネットでブログを見てしまう半年ほど前に、僕が余計な一言、「その人ちょっとおかしいよ。」と言ってしまったことで自らの記憶に強く刻まれてしまい、サンダーファイヤーパワーボムを使うまでもなく、電流爆破デスマッチで3カウントしてしまっているので、野次馬根性で見守りたいと思っています。
今回のことは妻には悪いですが、人生の暇つぶしとして、ちょっとおもしろいので本当はここに書ければいいのですが、僕が書けないことがあるなんて時代の流れというか成長したというか、守るべき者ができたというか、まあ44歳になったんだな〜と競走馬の血統を見ながら思っています。
目指せ凱旋門賞!
Akiary v.0.61