ぶつぶつ交換。
2003/3/8 ぶつぶつ交換。

今住んでいるマンションは中学1年の時に引越してきたんだけど物は捨てないで持ってきた。

掃除をしていると懐かしいものが出てきて、それを見ては思い出し掃除の手が止まり全然はかどらない。

小学生の頃に狂ったように集めたビックリマンのシールコレクションが出てきた。

父に、「ビックリマンのシールとか出てきたよ。」と言った所、「高く売れないのか?」

借金地獄でクビが回らない父は、最近は何を言っても「高く売れないのか?」

でも、高く売れるかも知れないな〜と思うほどビックリマンのシールは綺麗に揃っている。

これだけのシールを集めるのには、友達とよく交換したりした。

お前のもっているスーパーゼウスと僕の持っているシール2枚と交換してクレイジー!

などと言っていた。何がクレイジーなのか分からないが、小学生の頃はそれがお洒落ないい方だった。

いまの子供もいわゆるブツブツ交換なんてものをするのかな?

僕の子供の頃はよくやった。近所のオモチャ屋さんで、ファミコンのカセット5個と新作ゲーム交換なんてこともあった。子供の頃はよく駆け引きをしたな〜。毎日が勝負だった。

そういえば、小学1年生の時に同級生の女の子とおままごとみたいなことをやっている時に僕は何を思ったのか、

「おちんちんを見せるからさ〜、あそこ見せてよ。」

と最低なことを言った事がある。

「少しでいいから。」

さらに最低です。

女の子は、「ごめんなさい」と言って帰ってしまった。

1週間ぐらい学校で顔を合わせづらかったんですが、子供は忘れやすいのか、その後は普通に話していた。

あ〜でも中学の時スカートめくりをしていたら、その子から

「やっぱ最低!」

何だか含みをもっていたんで、あれは憶えていたかもな〜。

まあこれもブツブツ交換だったと思うんです。

僕の成績表も出てきたんですが、最低だったんですね。小学校1年生の時の先生からは、

「乱暴者で弱いものいじめをします。何かあるとすぐ暴力をふるい暴力で解決しようとします。今後、どんな子になるのか恐ろしいです。」

僕はまるで犯罪者。まあ「おちんちんを見せるから…。」と言っている時点で変質者ですから。

だけどあまりにも先生。そりゃ〜ないです。というような子が小学6年生の成績表には、

「人気者で誰に対しても優しく態度を変えることなく接しています。物事を感情的にならずに冷静に判断できる素晴らしい子で、将来がとても楽しみです。中学生になっても頑張ってください。期待しています。」

将来が楽しみな子は現在、犯罪者にはまだなっていませんという状態。先生の見る目は間違っていた。

しかし6年間で僕に何があったというのでしょう。ここまで人間は変わるものなのでしょうか?

でもあの頃言っておいて良かったな〜と思います。

26歳になって、「おちんちんを見せるからさ〜…」とブツブツ交換を要求したら、

ニュースです。松田弥26歳が強制ワイセツで…。

とかなって、ここで日記を書くこともできませんでしたから。普通になって良かった良かった。

ぶつぶつ交換をしようとした女の子ですが今は立派な八百屋さんのお母さんになっています。

今度は、キュウリにでも変えてもらおうかな〜。小学生の頃と何も変わっていませんでした。

TOPBACK