07/1/23 (Tue) 20:08

RSS表示をできるようにしました。よろしければどうぞ。【LINK】

ちなみにブラウザのアイコン表示もしてみました。お気に入りに入れないと表示されないかも知れませんが。これを機にお気に入りに入れるといいかも知れませんかも。

カウンターで寿司を食べる前に回転寿司で食べてから行くように日記を書かないでこんなことばかりしています。例えになっていません。



ベランダを掃除していたら灯油を入れるポリタンクが目に入りました。灯油タンクを見る度に思い出すことがあります。

僕は小学校の頃、信じられないぐらい太っていました。小学校5年生で70キロありました。今と変わりません。成長していません。

信じられないぐらい太っているとどうして普通の体型の人よりも甘いものが欲しくなります。さらに喉も普通の人より渇きます。

この二つを満たしているのがコーラやサイダーなどの炭酸飲料なのですが、太っている優待というのはなく学校の遠足にコーラは持って行ってはいけないことになっています。

そこで僕は紅茶にハチミツを入れて持って行くことにしました。甘いハチミツでカロリーも取れるし喉も潤うし一石二鳥です。しかし普通の大きさの水筒ではすぐ飲み干してしまいます。

そこで僕は家にあった10リットルの灯油タンクに紅茶ハチミツを入れて持って行くことにしました。

僕はあまりにも心配性のところがありまして。一泊旅行にもパンツを4枚ぐらい持って行かないと安心できません。

10リッターでも飲んでしまうと後で喉が渇くだろうと思いまして。ポリタンクに入った紅茶ハチミツを一滴も飲まずに引きずって学校まで行きました。

もう重くて重くて少々後悔をしていましたが、カロリーには代えられません。デブにカロリーは本当にメイトです。もう一生の友達です。

バスに乗ってしばらくしたら友達が「まっちゃん。なんか漏れてるぞ。」

なんと、ポリタンクに入った紅茶が漏れ出したんです。一大事です。

徐々にですが漏れています。

徐々に減ってきています。ピンチです。

なんだかバスもお漏らししたみたいに床がぬれてきています。

先生に怒られるかもしれないと思った僕は、どちらにしても怒られるのなら飲んじゃえ!と思いました。

ポリタンクに持ってきたストローを刺して飲みますが、ストローが短いので飲めません。

最初から気づけという話もありますが、アノ頃は子供だったので許してください。必死にストローを吸ってみますがむなしく吸うのは空気ばかり。

全然飲めません。

その間にも徐々に減ってきています。減っているのは少しつづですが、僕には大量に減ってきているような気がしてなりません。

そこでポリタンクの口を傾けて飲むことにしました。一人では傾けれないので友達に手伝って貰い、ポリタンクに口をつけ、そして傾けて…。

どばぁ〜。と急に紅茶が!顔に紅茶が!ハニーティーシャワー。なんだかちょっとエッチな響きだ!

友達が急に傾けたので顔面が紅茶まみれになってしまいました。びしょびしょになってむせ返る僕。しかもベタベタです。

でも僕の頭の中は早く飲まなければということで頭がいっぱいです。

早く飲まないと痩せちゃう!もうデブまっしぐらです。だけどお先は真っ暗。

あ、そうだ!漏れているんだからそこから吸えばいいんだ!なんて頭がいいんだろう。

僕は漏れている箇所に口をつけ必死に吸い始めました。

チュル〜チュル〜チュル〜!

飲める!飲めるぞ!

しかし???

な〜んかこの紅茶の味がへんだぁ〜?どうしたのかぁ〜?

もの凄い甘い。そして凄く不味い。母がハチミツの量を入れ間違えたらしい。

10リットルの紅茶なんて作ったことがないので間違えたようだ。

帰宅後、母に聞いてみたら、「ハチミツを2リットル使った。」

母さん僕を殺す気ですか?熊さんだってそんなに舐めないのでは?

よく太った人はラードを飲めばいいんだ。という人もいますが、無理だと思います。ハチミツも無理です。適量だからおいしいんです。

いくら紅茶で薄めているとはいえ2リットルのハチミツはこの世の味ではないです。

もう飲むことも諦めて先生に「漏れちゃいました。」

「なんだマツダ、びしょびしょじゃないか?おしっこか?」

「いえ。この水筒から紅茶が漏れて…。」

どう見ても灯油タンクです。

バスを止めて紅茶を捨てました。

「あ、まっちゃん背中にカブトムシ。」

その日は山に遠足だったのですが、僕は紅茶ハチミツを被ったせいかよく虫が寄ってきました。

ハゲタカも僕の真上で旋回していました。

母はよく大は小を兼ねる。迷ったら大きい方を選べといいますが、それからというもの迷ったら小さい方を選ぶことにしています。

そしてそのお陰か痩せました。

07/1/17 (Wed) 2:12

この日記を書き始めた8年前はおばあちゃんは50mを8秒台で走るように元気でしたが、今は50mを進むにも5分ほど掛かります。

当たり前ですがみんな年を取ります。僕は今年で30歳です。

電車の窓に映った自分を見て毛が薄くなってきたなぁ〜とは思うんです。

ここ1年ぐらいの進行速度はリニアモーターカーとオレどっちが早くできるかみたいになっています。ちょっと意味が分かりません。

そんな僕は2週間に一度ほど実家に顔を出す度におばあちゃんに、

「わたるは帽子は被らないのかい?」

と言われます。

まあこれは自意識過剰なのかも知れませんが、隠せってことなんでしょうか?

M字型のハゲをジャイアンツのGで隠せってことでしょうか?ロッテはそのままでも応援できます。それともニット帽でしょうか?

僕は天辺からハゲるタイプではないようで、いわゆるM字型にはげてきています。前方後円墳でしょうか。代表的な有名人は笑福亭鶴瓶さんでしょうか。

一時代前の暴走族のような感じ深い剃りです。

別にこのハゲ方に不満はありませんし、不満を言ったところで誰も聞いてはくれないでしょう。

このハゲは逆に太宰治的に言うと笑いとしてはオイシイと思うほどです。

逆にMを反対にすれば僕の名前のワタルのイニシャルのWです。迷子になっても平気です。

ただ周りに心配されるようになるのが一番悲しいです。

自信を持つことではないかも知れませんが、自信を持って禿げようと思っていたのですが、おばあちゃんに、

「帽子は被らないのかい?」と心配されていると思うと僕が年を取ったと思うよりも、おばあちゃんが年を取って先に死んでいくんだろうなと思うことが悲しくてなりません。

おばあちゃんは、僕が赤ん坊の毛のない時から知っている訳ですが、おばあちゃんが生きている間にまた毛が無くなるのは悲しくないでしょうか?

年を取ると子供の頃に戻ると言いますが祖母や両親より僕が先に戻っていいのでしょうか?

それに帽子を被ってしまうと帽子を脱ぐ時、勇気がいるような気がします。

そんなことよりも家族が健康で怪我無いように生きて欲しいものです。

07/1/15 (Mon) 0:44

僕は年間200日ぐらい朝食はスパゲティなのですが、そのスパゲティには必ず納豆を入れます。

そのため一週間に一度納豆をまとめ買いするのですが、スーパーに納豆を買いに行ったところ、納豆が売っていません。

納豆のスペースだけ綺麗に何も置いていない。いつも山盛りに置いてあるのに。

もしかして納豆で食中毒?などと考えたんですが、納豆がなくなる理由が思い当たりません。

だって納豆ですものね。あって当たり前じゃないですか。

普段から品切れなどなく当たり前に売っていたものなので不思議でなりません。

これはなんかあったかなと思ってネットで調べたら、「納豆を食べればダイエットできる」あるある大辞典で納豆が紹介されて品薄状態にと書いてありました。

そんなことでと言っては失礼かも知れませんが、こんな小さな町のスーパーで納豆がひとつ残らずなくなるなんて、テレビ凄さと恐ろしさを痛感しました。

納豆の臭いはもてると言うと納豆を体に塗りたくったりとかする人が出てくるかも。

テレビの力これはある意味、核を持つことよりも恐ろしいことかも知れません。

いやテレビの力よりも女性の美に対する憧れほど恐ろしいものはありませんね。

そういえば納豆をかき混ぜて糸を引いている姿って美しいと思うんです。あれは日常の芸術じゃないかって。

子供の頃、朝ごはんで両親や他の大人たちが納豆をかき混ぜて糸を引いている姿を見て、大人って凄いなと眠い目を擦って思っていました。

ということで無いと欲しくなる。何だか納豆が食べたくなりました。いつもあるものがなくなった時、その大切さに気付きました。

07/1/11 (Thu) 18:11

持つべきものは友などと言いますが、持つべきものは親だと思うんです。

昔は、クソジジイ、クソババアなどと言っていましたが歳もとり本物のクソジジイ、クソババア様様です。

実家に寄るとなにかしら食べるものを持たせてくれます。

「誰も食べないから。」と言って持たせてくれますが餅一個でもありがたいものです。

ETさんもお正月、岩手盛岡に帰省した際にETさんのお父さんから三陸海宝漬【LINK】というものをお土産で頂きました。

そのお陰で食費も浮きまして小さいながらも液晶テレビを買うことができました。

話はそれますが海宝漬、久しぶりに当たり!と思うほど美味しいものでした。

特にいくらが美味く噛むといくらの旨みがジュワ〜っと口に広がり炊きたてのご飯によく合います。

まあ家の両親のスネはだいぶ細くなりましたがまだ子供の役にはたっているようです。

昨日も別に用はないのですが実家に寄ったら母が、

「この豚肉、賞味期限が切れていてうちは誰も食べないから持っていく?」

え〜と…?これは間違い探しか何かですか?またですか?

賞味期限が切れていたら普通は誰も食べないんじゃないかって思うんです。

豚肉が一番危ないんじゃないかって思うんです。

疑問に思ったので、

「賞味期限が切れていたら食べないよね?」

「そう、家は賞味期限が切れたら誰も食べないのよ。」

家じゃなくったていい気持ちはしません。不二家だって休みます。

まあ勿体無いというのは分かりますが、人にあげる増してやかわいい子というかもう30歳のプチおじさんの息子ですが、普通は人にあげないのでは?

と、疑問に思ったのですが1日ぐらい賞味期限が切れていても大丈夫だし行為は貰っておこうと思いまして。

「貰っていくよ。いつまでだったの賞味期限?」

母が、

「え〜とね。。。1月5日って書いてある。」

思わず「今年だよね?」

と聞いてしまいました。

母は、

「大丈夫だよ。豚に味がついているから。」

味がついて大丈夫になるのなら母に濃い目の味付けをして欲しいと思いました。

今日の晩御飯は豚肉を野菜と炒めます。

Program Akiary v.0.61